トップ  >  診療のご案内

インビザラインとは?

イメージ

 

歯の矯正というと、ギラギラとしたワイヤーを長い間取り付けて過ごさなければならない。そんなイメージはないでしょうか?口元をキレイに見せるために、目立つ矯正装置を付ける。それが嫌で、矯正治療に踏み切れなかった方も多いのでは。そんな方におすすめしているのが、ほとんど人に気づかれることなく歯列矯正がおこなえる、透明なマウスピース矯正。一口にマウスピース矯正といってもたくさんの種類があります。当グループが採用しているのが、マウスピース矯正の中でも最も症例数が多く、世界400万人に支持されている「インビザライン」です。
 

1997年にアメリカで誕生した新しいマウスピース矯正のインビザラインは、世界中の臨床データを1箇所に集める世界初のシステムが採用されました。そのビッグデータをもとにめまぐるしい進化を遂げ、現在ではほとんどの不正歯列に対応できるようになっています。日本では当グループ顧問のDr.松岡が2006年に最も早く導入し症例を重ね、同代表のDr.神谷がシステムを体系化し、安心・安全なシステムへと進化させております。

インビザラインの3つの”ない”って何?

見えない(目立たない)

見えない(目立たない)イメージ

インビザライン最大の特徴は、矯正をしていることがほとんど周りの人にわからないということでしょう。自分から言わなければ、まず気づかれることはありません。

 

痛くない

痛くないイメージ

インビザラインの特徴2つめは、ワイヤーを使った矯正に比べ、痛みが非常に少ないことです。
それは、1つのマウスピースで動かす距離が0.15~0.25mmと緻密に計算されているから。
これにより痛みが軽減されるだけでなく、動かしすぎによる「歯根が短くなる」という現象がほとんど起こらないというメリットもあります。

歯を抜かない

歯を抜かないイメージ

顎が小さいため、全部の歯が収まりきらずに歯列が乱れてしまっている場合、歯を並べるスペースを作るため抜歯を勧められたという方は多いのではないでしょうか。

当グループのインビザライン治療は、「健康な歯はできる限り抜かない」方針をとっております。
インビザラインでは歯列の横幅を広げる「側方拡大」、歯を奥歯側に移動させる「遠心移動」、影響が出ない範囲で歯と歯の間を削る「IPR」といった手法を使い、歯を収めるスペースを作ることができます。

ただし、治療期間の短縮を優先する場合や、口元を大きく下げる必要がある場合などは抜歯をお勧めする場合があります。

インビザラインによる側方拡大の事例

側方拡大

歯列の横幅が狭い場合に、正常な広さまで横幅を拡大する方法です。

https://www.youtube.com/watch?v=3qM4R1aUGFM

インビザラインによる遠心移動の事例

遠心移動

奥歯が正常な位置より前歯に近い位置にある場合、前歯から遠ざける方向へ移動させ、噛み合わせを良くする方法です。

https://www.youtube.com/watch?v=-Nt_R0SvP2o

IPRイメージ

IRP

緻密なシミュレーションに基づき、歯に影響のない範囲(1歯あたり0.2~0.4mm)のみ、歯と歯の間を削ることをIPRと言います。

費用

Ⅰ 準備矯正
(5~7歳以上 夜間のみ使用 約2年)
15万円+税
Ⅱ 準備矯正+インビザライン 15万円 + 40万円 = 55万円+税
Ⅲ インビザラインのみ
(12〜70歳 1日20時間以上使用)
50万円+税

監修

K.D.C.グループは「お口は命の入り口、心の出口」を合い言葉に、池袋と所沢を中心に、歯の治療を通してお口の健康増進をおこなう歯科医院のグループです。
2006年からインビザラインという最新の治療を日本で初めて導入したのが所沢のまつおか矯正歯科クリニックです。池袋医院は2015年7月にオープンしました。

あだん歯科クリニック
沖縄県宮古島市平良字久貝654-36
TEL:0980-79-0648

ページTOP